Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.477

メールマガジン Top Eye Vol.477

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.477

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H30. 08. 27 ━━

◆ 今号の目次 ◆

【1】「目標預金残高を常に意識しましょう!」本橋 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「目標預金残高を常に意識しましょう!」本橋 

4月9日に東京商工リサーチより、「2017年倒産企業の財務データ分析調査」が公表されました。

その中で興味深いのは、倒産企業の赤字企業率は53.7%と半数を超えましたが、
逆に言うと、残り46.3%の企業は黒字決算にも関わらず倒産したということです。

「企業は赤字だから倒産するのではなく、資金繰りがもたなくなったから倒産するのだ」
というのは使い古された言葉で、皆様も一度は耳にされたことがあるかと思います。

経営者の使命は企業を存続させることと言われ、企業を存続させるためには赤字か黒字かを意識する以上に、
資金ショートを起こさせないよう日々の資金繰りに目を光らせておくことが欠かせません。

ところが、企業の資金繰りを見える化する道具である「資金繰り表」を
作成されている会社は実は多くはありません。

経営者が預金通帳を見ながら経営するのではなく、資金ショートを起こす不安から解放され、
本来目をやるべき商品・製品・お客様・社員を見ながら経営ができるための第一歩として、
資金繰り表を作成して半年後の預金残高を常に見える化することをお勧めいたします。

金融機関は資金繰り表が大好きです。

資金繰り表は経営者にとって欠かせない道具であると同時に、
実は、金融機関にとっても喉から手が出るほど欲しい資料なのです。

金融機関はお金を貸して利息を得ることで収益を上げるのがビジネスモデルです。
毎月毎月、会社が返済していきますので、常に融資をし続けないとその収益が維持できません。
しかし、資金にゆとりがあり、余裕しゃくしゃくとしている社長のところへ追加融資の提案に行っても、
「今は足りているから」と断られるのが関の山で、とぼとぼと支店に帰るしかありません。

支店に帰れば、「今月の数字が上がっていないぞ、もっと効率よく営業をかけろ」と檄を飛ばされます。
銀行員が効率よく融資をする上で、担当している100社近くの会社の中で、
どの会社が、いつ頃資金ニーズが発生するかを事前に知っていられたら、これほど楽なことはありません。
これを叶えられるのが、実は、会社から提出される資金繰り予定表なのです。

資金繰り表を提出すると、徐々に預金残高が減っていくのが銀行に分かってしまい、
悪い印象を与えるのではないかと心配される経営者もいらっしゃいますが、
毎月の利益で運転資金の返済を賄えきれない会社が多く、預金残高が減っていくのは当然と
銀行員も分かっていますので気にされる必要はないと思いますし、
現に、これまでも折返し融資を受けてこられたことと思います。

銀行員は資金繰り表を見れば、一目で預金が少なくなる時期が分かりますので、
その2~3ヵ月前に営業をかければ良いなとピンとくるのです。

交渉力にたけた経営者の中には、資金繰り予定表に予め、融資を受ける金融機関、
融資を受ける金額を記載しておき、「この時期に資金が必要だから、提案に来てくださいね」と
アピールされる方もいらっしゃいます。
頭が下がります。

ちなみに、資金繰り表のフォームですが、
宮崎銀行さんのHPでエクセルファイルをダウンロードできますので、ご参考にしてください。
http://www.miyagin.co.jp/hojin/shikin_xls/

売上目標・利益目標を掲げていらっしゃる企業は多いと思いますが、
資金繰り予定表を作成することで、毎月末の「預金残高目標」も是非掲げてみていただきたいと思います。

会社の存続を図るためには預金が何よりも大切です。
常に毎月末の預金残高を確認し、目標に近づいているのか、遠ざかっているのかを確認してください。

こういった取り組みを継続することで、自然と資金繰りは改善されていくはずです。

ご不明な点等ございましたらお気軽にお申し付けください。
ぜひ一緒に作成してみましょう!


本橋 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あっという間に8月も終わりそうです。

まだまだ厳しい暑さが続いています。

昔、この時期から夏休みの宿題をしていたような気がします。
今はもう8月から2学期が始まることが多いんですね。
 
私の右肘ネタはそろそろ弾切れですが・・・
1週間に1度のリハビリで、少しずつ可動域が広くなっています。

キーボードを叩けるようになってきました!

リハビリ頑張ります!

本橋
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2018-08-27 月 | Category : メールマガジン