Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.470

メールマガジン Top Eye Vol.470

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.470

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H30. 06. 11 ━━

◆ 今号の目次 ◆

【1】「長寿のお祝い」本橋 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「長寿のお祝い」本橋 

先日、私の祖母の米寿(88歳)のお祝いで実家に帰省しました。
祖父と一緒にお祝いすることは叶いませんでしたが、
元気そうで何よりでした。

次は何のお祝いになるだろうと思い、気になったので、
長寿のお祝いについて調べてみました。

知らなかったのですが、節目、節目でお祝いする年齢は
数え年なのですね。
誕生日や敬老の日にお祝いすることが多いようですが、
1年を通してお祝いしても良いそうです。

また、それぞれに由来やお祝いの色があることを知りました。

以下、主な長寿のお祝いをご紹介します。


還暦(かんれき)
61歳(満60歳)

60年で生まれた年の干支に還ることに由来しています。
赤子に戻りもう一度生まれ変わって出直すという意味から
赤いちゃんちゃんこの風習があります。
祝いの色は赤。

古希(古稀、こき)
70歳

中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」に
由来しています。
祝いの色は紫。

喜寿(きじゅ)
77歳

「喜」という字を草書体で書くと、七を3つ重ねた形に
読めることに由来しています。
こちらも祝いの色は紫。

傘寿(さんじゅ)
80歳

「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、八十と読める
ことに由来しています。
祝いの色は金茶(黄)。

米寿(べいじゅ)
88歳

「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。
米の祝いとも言われ、米文化の日本と
末広がりの八の字が二重に使われることから、昔から特別な
印象を人々に与えてきているそうです。
こちらも祝いの色は金茶(黄)。

卒寿(そつじゅ)
90歳

「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。
祝いの色は白。

白寿(はくじゅ)
99歳

百から一を引くと「白」になることに由来しています。
白装束をつける地域もあるそうです。
こちらも祝いの色は白。

百寿(ももじゅ)
100歳

100歳であることから百寿と呼ばれています。
こちらも祝いの色は白。


いかがだったでしょうか。
私は知らないものが多く、なるほどと思ってしまうものもありました。

100歳を超えた祝いには、108歳の茶寿や111歳の皇寿、
120歳の大還暦があるそうです。

私は東京にいるので、なかなか実家に帰省できておりませんが、
今回祖母のお祝いを通して、やはり家族って素晴らしいなと感じました。

中学生の頃は母親に汚い言葉を使ったりしていましたが、
今思えば恥ずかしいものです。

祖母は100歳まで生きるという新しい目標を決めたそうです。
いつまでも元気でいてほしいですね。

私もできる限り元気な顔を見せに行こうと思います。
(家族全員に太ったでしょと言われたのは内緒です。)


本橋 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日はあいにくの雨模様です。

6日に関東の梅雨入りが発表されましたが、
明日12日は真夏日の予報です。

湿気が多いからか、以前よりムシムシしていますね。

ショッキングなニュースと言えば、大谷選手の故障です。
右ひじの靭帯損傷とのことですが、保存療法で行くのか手術するのか
3週間後に再検査だそうです。

米国から華々しい活躍を届けてくれていましたが、
少しの間寂しくなりますね。

もっとも、一番悔しいのは大谷選手でしょうね。


本橋
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2018-06-11 月 | Category : メールマガジン