Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.412

メールマガジン Top Eye Vol.412

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.412

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H29. 04. 10 ━━
◆ 今号の目次 ◆
【1】「2つの幸福度ランキング」所長税理士 福島 康晴

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「2つの幸福度ランキング」所長税理士 福島 康晴
 
先日、新聞等において、世界幸福度ランキンングで日本は何と155国中「51位」と発表されていました。
平均寿命は男女合計で世界1位、GDPは世界3位、落し物は届けられるし、治安はいいと感じる日本が155国中51位。
不思議でしたので理由を知りたくて調べてみました。

ランキングは、以下の6項目の合計点です。
1 GDP
2 社会的支援
3 健康寿命
4 人生の選択の自由
5 性の平等性
6 社会の腐敗性

上位は1位ノルウェー、2位デンマーク、3位アイスランドなど軒並み北欧諸国です。


判定項目を見ると日本は4,5,6の順位が低いようです。
特に日本は「性の平等性」が低く、それは女性の社会的地位など感覚的に何となくわかります。
ゴルフの名門コース「霞ヶ浦CC」が東京オリンピックの開催コースになるために、ようやく女性の会員を認めることになりました。
6の社会の腐敗性も日本は先進国にしては点数が低いです。ちょっとがっかり。

この判定とは別の幸福度ランキングがありました。
1位フィジー、2位フィリピン、3位中国、4位ベトナム インドネシアとアジア圏が上位です。

要するに主観的に自分は幸福かという問いに対する答えですが、中国が3位と相変わらず中国はよくわからない国です。

やはり基準が変わると順位も変わります。
このランキングだとノルウェー、デンマークはともに22位、アイスランドは13位、日本は25位です。

北欧諸国と日本はそう変わらない。

ここで順位の上がる日本より、下がる北欧諸国民の幸福度の方が気になります。
社会の成熟度の高さが決して幸福度と比例していない。
だから「性の平等性」は幸福度にあまり貢献していないことになります。

日本の若者の幸福度は昔と違ってモノやお金ではありません。
無理してクルマを買って恰好付けようとする男子はほとんどいません。
女性も年収1千万の結婚条件なんて高望みはしていません。共稼ぎが当たり前と覚悟しています。
生まれた時から高望みはできない環境で育ってきています。
こうして人間の価値観なんてほんの短期間で、環境の変化に応じて変わっていくものです。

幸福感には国民性も個人差もあり、やはり主観的に幸福かどうかを自分で考えることが大事ですね。
51位という結果はあまり気にしないことにしましょう。

って、気にしたのは私くらいでしょうね。

福島 康晴

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週は天気も良くお花見日和でしたね。

お客様のところにご訪問した際に、通り一面、桜が満開でした。
すごくきれいで、春の訪れを感じました。

さて、給与計算関連で一つご案内です。
4月締めの給与計算から、雇用保険料率が引き下がります。

従業員さんから徴収している金額が、
0.4%(建設業は0.5%)から
0.3%(建設業は0.4%)に変更となりますのでご注意ください。

何かご不明な点等ございましたらお気軽にお申し付けください。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000160687.pdf

本橋

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2017-04-10 月 | Category : メールマガジン