Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.379

メールマガジン Top Eye Vol.379

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.379

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H28. 08. 01 ━━
◆ 今号の目次 ◆

【1】「人工知能(AI)」 武澤 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【1】「人工知能(AI)」 武澤 

梅雨も明け、夏本番がやって参りますね。
連日蒸し暑い日が続き、体力も弱っている時期かと思います。
栄養があるものを食べて、しっかり睡眠を取ることも時には必要ではないでしょうか。

さて、今回は人工知能についての話です。
皆様は、人工知能と聞いて何を思い出しますか。

多くの方は、近未来の題材とした映画やアニメの世界に登場する人格を持った
コンピュータを想像したと思います。(正解です!)

ただ、最近では多くのものに人工知能が使われ、活用用途は多岐に渡っています。
ここで一部を紹介します。

・車の自動運転
 :ディープラーニング技術(注1)と画像識別機能を組み合わせて
  走行中の微妙な違いに対応することで自律走行を可能にする。

・ロボットペッパー
 :感情エンジンと呼ばれる人工知能を搭載し、人の感情を読み取ることが出来る。

・コンピュータ将棋プログラム
 :将棋電王戦と称して、人工知能とプロ棋士が戦い2014年はプロ棋士が5人中1勝しかできず。

・インターネットの検索エンジン
 :ウェブサイト内で使用されているキーワードからそのサイトの特徴を認識し、
  学習することで、ユーザーがより便利に必要な情報を探し当てる。

・金融市場での高速トレード
 :コンピュータを用いた自動売買システムにより、確実に利益を生み出す。

・画像診断によるがん診断
 :ディープラーニング技術で無数のがん患者データを学習させ、
  がん患者特有の兆候を発見する。

※(注1)ディープラーニング技術とは、機械が物体の特徴を自力で学習することが出来る技術

と言ったように、実は私たちの身の回りには既に多くの人工知能が存在し、
日々進化と発展を続けているのです。(知らないものがありましたか?)


また、既に人工知能の暴走も発生しています。
マイクロソフトが開発した「Tay」は、ツイッターにて運用されていましたが、悪意あるユーザーから
差別的言葉を投げかけられ、それを学習し、差別的発言を繰り返し、無期限の運用停止になっています。


別の側面では、今以上に機械化が進み、消える仕事も増えることになると考えられます。
(町中ではお掃除ロボットが働き、お店も注文や精算をロボットが行う、家ではロボットが・・・・など)
人類は、機械の管理のみが仕事になるかも知れません。


開発者は、より高度な人工知能の開発を目指す一方、
世間の論点は、日々進化する人工知能の危険性に注目しています。
一部では「人工知能は悪魔を呼び出すようなもの」とも言われているそうですよ。(戦争も気になりますね)


私は、単純に使う人間側の問題だと思っています。
機械と人間が上手く共存することが出来るのではないかと思っています。(安易ですかね)

想像でしかなかった人工知能の存在が、現実化しつつあることはとても楽しみなことです。
今後、更なる進化と発展をするであろう人工知能の行く末を見守りたいと思います。


武澤 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨日は東京都知事選挙が行われました。

小池百合子さんが2位に100万票余りの大差をつけて当選されました。
東京都知事に初めて女性が就任されることになります。

投票率も59.73%と2年前の投票率を13.59%も上回ったようです。
都知事が2代続けて、政治とカネの問題で辞職していますし、
東京オリンピック・パラリンピックもありますので、小池さんには期待したいですね。

さて、来週は税理士試験があります。
勉強している所員はラストスパートです。
私も受験してきます。

そのため、来週のメルマガはお休みとさせていただきます。
次回発行は15日になります。
宜しくお願い致します。

本橋

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2016-08-01 月 | Category : メールマガジン