Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.377

メールマガジン Top Eye Vol.377

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.377

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H28. 07. 19 ━━
◆ 今号の目次 ◆

【1】「税務調査の季節」  甲斐 昭彦
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【1】「税務調査の季節」  甲斐 昭彦
夏頃から税務調査の季節となります。

と言うのも、毎年7月上旬が税務署職員の人事異動となっており、
現場にも慣れてくるこの時期から本格的な調査の時期に入るのだそうです。

一般的に3~5年に一度の周期で来るといわれる税務調査ですが、
どのような選定を行っているのかなど実態についてはあまり知られていません。

今回は中小企業の経営者の視点に立った、税務調査の疑問についてお答えします。


Q:事前連絡無しに調査官が来ることはありますか?その時はどうすれば・・・?

A:
福島会計では、基本的に決算書の提出の際に添付書面と言われる書類を提出しております。
これにより、現金商売や、隠ぺいの可能性があると思われる特別なケ-スを除き、
まずは福島会計に連絡が入りますのでご安心下さい。
万が一、連絡なしで調査官が来た時は、「直ぐに福島会計に電話する!」が正解です。
絶対に税理士抜きで相対してはいけません。
税務調査自体を拒否することは出来ませんが、日程を変えてもらうことは拒否ではないのです。

Q:税務調査は何日位かかるのですか?

A:
以前は実地調査に3日ほどかかっていましたが、最近では2日間程度で終わるケースが増えています。
税務署側でもより多くの調査件数をこなす必要があり、短期化の傾向にあるようです。
大体が朝10時に始まって16時過ぎまでかかるのが一般的です。

Q:当日に準備しておく物は何ですか?

A:
経理に関わる書類(帳簿書類、預金通帳、契約書、請求書、領収書などの原資資料)となります。
通常は過去3期分の資料が必要となり、特に総勘定元帳、棚卸関係資料、人件費に関するものは重要です。
円滑な調査対応の為に、お客様ごとに必要な書類が違ってきます。
福島会計の担当者が一緒に準備致しますのでご安心下さい。

Q:税務調査は誰が立ち会うのですか?

A:
社長と会社の経理担当者、そして顧問税理士の福島と担当職員となります。
社長は初日の午前の数時間、会社概要の説明や調査官の質問にお答え頂き、あとは席を外して頂いても構いません。
その後の細かな帳簿チェックなどの調査対応は我々にお任せ下さい。

Q:税務調査当日は、調査官に食事を出したほうがいいのですか?

A:
調査官の食事に対して気遣う必要はありません。お茶を出す程度で十分です。
お昼については、調査官は納税者から提供を受けてはいけないと言われているようで、
外に食べに出かけると思って頂いて構いません。

Q:質問にはその場で答えなくてはいけませんか?

A:分からない事は、はっきりと「わかりません。確認して連絡します。」と言って下さい。
焦って、記憶の曖昧な事をしゃべった為に長期化し、ひどい目にあった調査を何度も見ています。
聞かれたことだけに答える、そして、分からない、はっきりと記憶が無いことは後日しっかりと確認してから答えれば良いのです。


映画のマルサの女は、国税局の査察を演じたものでしたが、実際には所轄の税務署による任意調査が殆どとなります。
映画とは違い、調査官は1人または2人で来られることが多く、人にもよりますが威圧的な言動もありません。
初めて税務調査を受けるお客様は、連絡があったら平常心で、「うちも調査対象の会社になったか。」位の気持ちで迎えましょう。

福島会計では、これまで多くの税務調査を経験してきました。
そのノウハウを活かして、福島会計が万全の体制でフォロ-致します。

税務調査に関する皆様の素朴な質問をお聞かせ下さい。

お待ちしております。


所長代理
甲斐 昭彦



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今、欧米で「ポケモンGO」が大流行しており、社会現象となっているようです。
日本の任天堂がゲームソフトとして1996年に発売し、今ではアニメなど幅広く展開しています。

そんなポケモンですが、スマートフォンアプリとして、欧米でリリースされました。
スマートフォンの位置情報とカメラ機能を利用し、現実世界でポケモンを捕まえたりするそうです。

場所によって出現するポケモンが違うとのことで、
アメリカではスマホ片手に大移動する集団まで現れたそうです。

日本での配信はまだ決まっていませんが、
配信されれば、こちらも大ブームになるかもしれません。

本橋

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2016-07-19 火 | Category : メールマガジン