Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.333

メールマガジン Top Eye Vol.333

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.333

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H27. 06. 08 ━━
◆ 今号の目次 ◆
【1】 「中小企業向けの補助金制度について」 宮元

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 「中小企業向けの補助金制度について」 宮元

平成26年度補正(平成27年実施)の「小規模事業者持続化補助金」という制度をみなさんご存知でしょうか。
小規模事業者様をターゲットとした日本商工会議所が年に2回実施している補助金制度です。

といいましても、今年の応募受付は既に締切となっておりますが、この補助金制度にとどまらず、世間ではあまり知られていないお得な補助金制度というものが多く存在しています。

現在、応募できるものでいうと、例えば東京都の「グローバルニッチトップ助成金」というものがあります。(応募受付6/22~8/5)
→【参照URL】https://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/josei/nichetop/index.html

今回は補助金制度なんて初めて聞いた、そもそも知らなかったという方のために、補助金制度というものを知っていただきたいという趣旨で、数ある補助金制度の中でも比較的採択率が高い「小規模事業者持続化補助金」について簡単にご紹介させていただきます。
この補助金制度の主な概要は以下の通りです。

(1)対象者

製造業等を営み、常時使用する従業員の数が20人以下小規模事業者が対象
(卸売・小売業、サービス業等を営む事業者については5人以下)

(2)補助率・補助額

原則50万円を上限(補助対象経費の2/3以内)
ただし、雇用増加、従業員の処遇改善、買い物弱者対策等に関する取組み事業については補助上限額100万円

(3)補助対象経費(主なもの)

1.機械装置等費
2.広報費
3.展示会等出展費
4.旅費
5.開発費
6.資料購入費
7.雑役務費
8.借料
9.専門家謝金
10.専門家旅費
11.車両購入費(買い物弱者対策の場合のみ)
12.委託費
13.外注費

(4)対象事業

広告宣伝、店舗改装、展示会への出展、商品パッケージやデザイン製作費、新商品開発費etc

第1次受付分の応募は、有効申請件数7,702件に対して、3,028件の業者様が採択されました。
採択率は39.3%となり、約4割の事業者の方が採択されたことになります。

この結果からも分かるように、そこまでハードルが高いものとは言えません。

しかし、第2次受付分の応募に関しては今月30日に採択率が公表される予定ですが、1次受付分に比べて採択率が下がることは間違いありません。

この補助金制度自体も、毎年実施されていることもあり、採択される申請書のレベルは年々上がっています。

補助金の採択・交付決定を受け、補助事業を実施した終了後は、定められた期日までに、補助事業で取り組んだ内容を報告する「実績報告書」および「支出内容のわかる関係書類等」を、定められた期日までに補助金事務局に提出しなければなりません。

多くの事業者様が該当してくる補助金だと思われますので、来年に向けて補助金申請をしてみたいという経営者の方がいらっしゃいましたら、福島会計事務所まで御相談下さい。
申請書の作成から採択後の書類提出等まで、福島会計事務所がサポート致します。

また、補助金制度は多くの種類があるためよく分からないという方、どんな補助金があるのか知りたいという方も是非、一度ご相談いただければと思います。
お得な情報があれば随時、お客様へお伝えしていきたいと思います。

宮元 健志
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年12月に異物混入事件によって発売中止していた、まるか食品の「ペヤングソース焼きそば」が、パッケージを変更し、本日より発売が再開されます。

ダウンタウンの浜ちゃんが大好物だと公言していることでも有名ですが、ペヤングは誰もが一度は食べたことがある若者を中心としたヒット商品です。

今回の再販までは比較的短い期間でしたが、ペヤングファンにとっては嬉しいことだと思います。

ただ、食の安全性が重要視されている昨今において、一度異物混入問題が発覚した会社は本当に国民の信頼を回復させることができるのでしょうか。

今後、過去の問題をどのように改善していくのか、まるか食品の真価が問われることでしょう。

と言いつつも、個人的にはペヤングが好きなので近々買って食べようかなと思います。

人間の心理は不思議なものです。

宮元 健志
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2015-06-08 月 | Category : メールマガジン