Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.503

メールマガジン Top Eye Vol.503

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.503

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ R1. 9.9 ━━
◆ 今号の目次 ◆



【1】【2019 それぞれの秋】鹿野 正樹


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2019それぞれの秋】鹿野 正樹

令和最初の夏も終盤を迎え、残暑厳しい日々、いかかお過ごしでしょうか?
体調を崩したりはしていませんか?この時期暦の上では秋でも夏バテが続いているのが体調を崩す原因だそうです。
暑さ、寒さも彼岸までという言葉があるように、あと少しの辛抱で、過ごしやすい秋が到来します。

 さて、秋といえば、読書の秋・食欲の秋・スポーツの秋など様々な秋がありますが、
なぜ、秋なのかちょっと気になったので調べてみました。

・読書の秋
秋の気候が読書に適しているからと言われています。
夏の暑さも一段落して夜が過ごしやすくなり、本を読むのに最適な気温になるのが秋だそうです。
ちなみに、人間の集中力を高めるのに適した気温は18~25度で、湿度もあまり高くないこの時期がぴったりです。

・食欲の秋
 秋と言えばお米が実り、野菜も美味しく果物も取れ、魚も沢山獲れる実りの秋でもあります。
現代では、輸送手段や栽培技術も発達し、一年中美味しいものがいつでも食べられますが、
昭和40年頃までは季節に応じて作物は収穫され、秋が一番食べ物が豊富な季節でした。
作物は獲れたてが一番美味しく、いわゆる旬の食べ物がたくさん出回る季節です。
その事から、沢山美味しいものが入手でき食欲を満たしてくれる季節が食欲の秋とされています。
 又、人間の本能から寒い冬を乗り切るために体に脂肪を貯めようと、秋になると食欲が強くなります。
その事からも、食欲の秋と言われるようになったそうです。


・スポーツの秋
 スポーツの秋と言われるようになったのは、1964年の東京オリンピックがきっかけです。
来年行われる東京オリンピックの開会式は7月24日ですが、1964年の東京オリンピックの
開会式は10月10日でした。更にその開会式の日が体育の日として制定され、10月10日を
中心として運動を楽しむ風潮が生まれ、スポーツの秋となりました。
又、秋は元々体を動かすのに最適な気候からスポーツに適していると言われ、天候の良い日が
多いことで、運動会も秋に行われる傾向にありました。

上記の他、秋には芸術の秋や、行楽の秋などもあります。
芸術の秋は読書の秋と同じく集中して物事に取り組むのに最適な季節が秋だからと言われています。
行楽の秋も、気候、天候共にお出かけするのにピッタリな季節だからと言われています。

皆様はどのような秋をお過ごしになられますか?
私は、この秋は勝負の秋です。 仕事・プライベート共に勝負していきたいと思います。


鹿野 正樹





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



☆☆☆ 福島ブログ更新中!!



┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



毎週月曜日、福島がブログを更新しております。



こちらも是非ご覧下さい!

http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■■ 編集後記



┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 先日6日水曜日に無事、高田馬場から麹町に引越し致しました。
まだ、引越前と同様に機能しているとは言い難く、皆様にはご不便を
被ることと思いますが、何卒ご了承ください。
1日も早く落ち着いて仕事ができるような状態にしていきたいと思います。

それにしても、ランチタイムの行列には驚きました!!
オフィス街なので、多少は覚悟していましたがどこも行列です。
もう少し周りを探索して穴場を見つけたいと思います。

鹿野

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■



最後までお読み頂きありがとうございました。



トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所



架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■



●配信停止



本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが



teishi@fukushimakaikei.com 宛に、



題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。



次号より配信を停止させて頂きます。



―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――



support@fukushimakaikei.com


福島会計事務所 代表 (Tel:03-5357-1641)



――――――――――――――――――――――――――――――――



編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)



〒102-0083 千代田区麹町3-3 丸増麹町ビル9F


http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye



━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2019-09-09 月 | Category : メールマガジン