Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.494

メールマガジン Top Eye Vol.494

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.494

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H31. 4.22 ━━

◆ 今号の目次 ◆

【1】「映画料金の値上げ」 山田 直

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【映画料金の値上げ】 山田 直

ゴールデンウイークの予定は、決まりましたか?

私は、何も決まっていませんが、都内はガラガラらになると思うので、

都内で遊ぼうと思っています。

ゆっくり映画でも観ようと考えていましたが、先月、6月1日から

映画料金の値上げが発表されました。

皆様、日本の映画料金は、高いと思いませんか?

実は、世界でもトップクラスの高さなんです。

世界的に物価が高い北欧でも、1,500円~1,700円が

平均になっています。

アジア圏ですと、韓国800円、中国1,100~1,500円(地域によって)

東南アジアになると、一番高いシンガポールでも800円。

それ以外では、だいたい500円位だそうです。

制作費が巨額になるアメリカでさえ、6ドル~7ドルで鑑賞できます。

北欧を除いたヨーロッパもアメリカと同等の料金設定です。

映画を頻繁に鑑賞する国民性や映画の製作や公開に対して

国から一定額の補助金が支給される政策など影響しています。


現在、日本は1,800円。不満をもっている方も多いと思います。

では、なぜ、日本の映画料金が高いかというと

日本の映画産業は、大手の松竹や東宝などが独占体制のため、

大手チェーンが値下げを許可しないと値下げ出来ないのです。


映画館は、配給会社からフィルムを提供してもらうため、

配給会社が拒否すれば、映画館側が値下げしたくても簡単には

値下げ出来ないのです。

映画料金は、映画館と配給会社が折半する形になっているため、

配給会社側としては、収益が下がる料金に出来ないのです。


映画館は、主に興行収入と売店収入で構成されています。

興業収入は、配給会社との関係もあり、あまり儲けがありません。

映画館の直接的な利益は、ポップコーンや飲み物等の売店収入。

売店で売っている物も高いと思いますが、映画館側からすれば、

職場の明日を左右する大事なことなのです。

イチ映画ファンとしては値下げしてほしいです。

ですが、いまの仕組みだと映画料金は下がることはないのでしょうね。

山田 直

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回が平成最後のメールマガジンとなります。

皆様は平成を振り返ると、一番の印象深いことは
何になりますでしょうか。

嬉しいこと、悲しいこと、各人様々な思い出が
あると思いますが。

私は過去を振り返る時、
平家物語の前文の「祇園精舎の鐘の音・・・・」を思い出します。

驕らず精進しなければと、
歯を食いしばってゆくこの頃です。



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com
福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2019-04-22 月 | Category : メールマガジン