Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.471

メールマガジン Top Eye Vol.471

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.471

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H30. 06. 18 ━━

◆ 今号の目次 ◆

【1】「消費税関係の報道」山田 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「消費税関係の報道」山田 

月日の経つのは早いもので、もう6月です。
いよいよ梅雨入りですね。
蒸暑い日々が過ぎれば、猛暑の日々が待っています。
過ごしやすい時期になるまで、体調を崩さずに乗り切りましょう。

さて、今回のテーマは、今年に入り消費税関係のニュースを
見聞きする機会があったので、何が起きたか、3つほど紹介します。

①メルカリが消費税の申告漏れで、東京国税局に指摘、
利用ポイントの税法扱いで問題に・・・。

フリーマーケットを運営する「メルカリ」が東京国税局の
税務調査を受け、平成28年6月期までの2年間で消費税の
申告漏れを指摘され、追徴課税は過少申告加算税を含めて
約1億円とみられています。
(※)過少申告加算税とは、納付すべき税額に5%(期限内
申告税額と50万円のいずれか多い額を超える部分は10%)の
割合を乗じて計算した金額

メルカリは、出品者と購入者を仲介する「マーケットプレイス」で、
取引が成立した際、代金の1割を利用料として出品者から得て、
この利用料に掛かる消費税を納める必要があります。

税務調査では、この利用料について、メルカリがキャンペーンなどで
発行する1ポイント=1円のポイントが使われた場合の税法上の
取り扱いが問題となりました。

メルカリはこのポイント分は、消費税法上の「課税仕入れ」に
該当すると判断していましたが、税務当局はこれを認めず、
メルカリの計算方法では過少申告に当たると指摘したと
みられています。

メルカリは東京国税局から5月30日に更正通知を受け取ったと
明らかにした上で、「租税回避の意思は全くなく、今後の対応を
検討する。業績への影響は軽微だ」とコメントしています。


今後の対応が気になります。


②高級時計の輸入業者逮捕、過去最高の消費税不正還付未遂

時計の輸出入業者の男が、消費税13億円余りの還付を
不正に受けようとした疑いで、横浜地検に逮捕されました。

逮捕されたのは、時計輸出入会社の実質経営者。
容疑者は、海外輸出で消費税が還付される制度を悪用し、
消費税13億円余りの還付を不正に受けようとした疑いが
持たれています。

容疑者は、高級腕時計「ロレックス」など、およそ178億円を仕入れたと、
うその確定申告をしたとみられています。

消費税の不正還付未遂事件としては、過去最高額のようです。


③大阪・貴金属店、免税対象外に大量販売、消費税還付分
約6,500万円追徴

訪日外国人(インバウンド)向けの免税店として許可を
受けていた大阪市内の貴金属店が、大阪国税局の
税務調査を受け、免税対象にならない中国系とみられる
客に大量の高級時計を短期間に売っていたとして、
国から一度還付を受けた消費税と過少申告加算税を含め
約6,500万円を追徴されていました。

税務署から指摘を受けた免税店は、外国人観光客らに
消費税(8%)を免除して販売でき、仕入先に支払った
消費税分を税務署に申告すれば後日、その分が還付され
る方法を継続的に行っていました。

ただ、免税店は観光客が買う土産物などが対象で、
転売目的のバイヤーへの販売の場合、こうした還付が受けられません。
税務署に、業者に販売していたことがばれてしまったようですが、
経営者によると、店の月間売上高は約1億円で、
「Tax Free」と記された店の看板に「業者大歓迎」と記されており、
販売先がバイヤーだとばれてしまったと言っています。

国は、成長戦略の柱として「環境立国の実現」を掲げている影響もあり、
2012年に4,173店あった免税店は、2018年4月には44,646店
(観光庁のまとめ)と、約6年で10倍以上に増えました。
無許可業者が免税店と偽って販売し、その後還付申請する
ケースが増えているようです。

財務省は、消費税収入が税収全体の約3割を占めているため、
税率10%に向けて、さらに監視を強める方向で考えているようです。


会社経営にも家庭にも影響のあることなので、
消費税がどうなっていくか、今後の展開に注目したいです。


我々会計事務所のスタッフも、平成元年4月に消費税が
導入されて以来、実務上で判断に悩まされる取引はありますが、
消費税についての疑問・質問には、担当者が的確に対応しますので、
お気軽にご相談下さい。

最後に、今後消費税については、複雑になるのはわかっていますが、
これ以上複雑にしないでほしいと思うのは、私だけでしょうか。

山田 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ついにW杯が開幕しましたね!

クリスティアーノ・ロナウドのハットトリックもありましたし、
昨日は前回覇者のドイツが初戦で敗退しました。

グループリーグ初戦で敗退したチームが決勝トーナメントに
いける確率は約11%だそうです。(過去5大会でわずか7チーム)

また、日本の初戦は明日の21時です!

コロンビアは強敵ですが、ぜひ頑張ってほしいですね。

本橋
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2018-06-18 月 | Category : メールマガジン