Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.453

メールマガジン Top Eye Vol.453

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.453

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H30. 02. 13 ━━

◆ 今号の目次 ◆

【1】「タクシー相乗り実証実験」本橋

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「タクシー相乗り実証実験」本橋 

1月22日から3月11日まで、タクシー相乗り乗車の実証実験が
東京23区、武蔵野市、三鷹市で行われています。

今回実証実験に参加しているタクシー会社は、
大和自動車交通グループ4社と日本交通グループ11社です。

利用には、スマートフォンの配車アプリが必要となり、
事前に以下のページからインストールが必要です。

大和自動車交通グループ
http://www.daiwaj.com/service/taxi/call/sp/
日本交通グループ(iOS版のみ)
https://ainori.japantaxi.jp/

相乗りの募集方法が2つのグループで異なるようです。

大和自動車交通グループは、一か所の乗車地で同じ目的地に向かう人を
募集してマッチングする「この指とまれ方式」を採用しています。
神田駅南口や池袋西口など、東京駅以東を中心に30か所が
相乗り開始地点になっています。
1人目が乗りたい地点を指定し、時間と方面がリストになって
表示されるそうです。
3人まで相乗り乗車が可能で、運送開始45分前まで申し込みを受付、
運送開始25分前に相乗りが確定します。

一方、日本交通グループは乗車地、降車地を自由に選択し、
同じ方向に行く人を募る「フリーマッチング方式」を採用しています。
乗車場所はどこでも可能で、乗りたい地点と降りたい地点の情報を元に
同乗者のマッチングを行います。
乗車希望時間の1時間前から申込可能で、同乗者が見つかり次第、相乗りが
確定します。
プライバシーに配慮して、助手席と後部座席に分かれて2人まで
相乗り乗車が可能です。

料金はクレジットカードで自動決済となり、領収書は後で取得できるとのことです。
ルートによって事前に料金が確定しているのが特徴で、
1人で乗車するより、2~4割ほど安くなるそうです。

デメリットとしては、
申込した時点ではただ予約しただけで、実際に乗れるかどうかがわからない
ということと、乗車まで時間がかかる可能性があることです。
また、プライバシーの配慮など利用者同士のトラブルも懸念されます。

Vol.390でも初乗り410円タクシーをご紹介しましたが、
タクシー業界は、国土交通省主導で様々なサービスを模索しています。

今や東京ではタクシー初乗り410円は一般的になり、
私も確実に利用が増えました。
今回ご紹介した相乗りサービスもいずれ一般的になる日が来るかもしれません。

東京オリンピックも控え、タクシー業界の次なる一手に注目です。


本橋 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週の金曜日から、韓国の平昌(ピョンチャン)で、
冬季オリンピックが始まりましたね!

早速昨日は、銀1個、銅2個のメダルラッシュでした。

今後、フィギュアスケートやスピードスケートなど
注目選手たちが登場します。
自分のベストを尽くして、金メダルを目指してほしいですね。

あまり観る時間はありませんが、
ハイライトだけでも感動してしまいました。

勇気とパワーをもらって、繁忙期を乗り越えたいと思います!

本橋
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2018-02-13 火 | Category : メールマガジン