Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.406

メールマガジン Top Eye Vol.406

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.406

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H29. 02. 28 ━━
◆ 今号の目次 ◆

【1】「セルフメディケーション税制」 宮元

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「セルフメディケーション税制」 宮元

セルフメディケーション税制が今年の1月からスタートしました。

セルフメディケーション税制とは「医療費控除の特例」とも呼ばれ、
健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、
平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品を購入した際に、
その購入費用について所得控除を受けることができるという制度です。

ここで多くの方が以下の点に関して疑問に思われることでしょう。

①一定の取組とはどんな取り組み?何をしたら良いの?
②スイッチOTC医薬品とはどんな薬が対象?薬なら何でも良いの?
③所得控除ってどの程度、メリットがあるの?

以下、これらの疑問に簡単にお答え致します。

まず、一定の取組とは具体的に、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診などを指し、
申告対象となる1年間にいずれか一つを受けていればよいとされています。

確定申告の際には、氏名、取組を行った年及び取組に係る事業を行った保険者、事業者若しくは市区町村の名称
又は取組に係る診察を行った医療機関の名称若しくは医師の氏名の記載がある書類の添付が必要になります。

次に、スイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品と定義されています。
これだけではどんな医薬品が対象となるのかイマイチよく分かりませんが、厚生労働省のHPでは具体的に以下の例示が示されています。

・かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬

(平成29年1月13日時点)

ただ、実際には、セルフメディケーション税制の対象となる医薬品は約1,500品目もあり、
厚生労働省のホームページで詳細を確認できますのでそちらでの確認された方が確実でしょう。

また、対象となる医薬品のパッケージには、同税制の対象であることを示す識別マークを掲載する動きも進んでいるようですので、
薬局で薬を購入する際に、薬剤師さんに聞いてみるのも良いかと思います。

最後に、どの程度メリットがある所得控除制度かという点です。
セルフメディケーション税制では、対象となるスイッチOTC医薬品を年間1万2千円以上購入すると、
その超える部分に係る購入費用について所得控除を受けることができます(ただし、8万8千円が上限とする)。
 
例えば、東京都在住の年間所得400万円のサラリーマンが年間2万円の対象医薬品を購入した場合、
2万円-1万2千円=8,000円が所得から控除されます。

この場合、税率を所得税20%・住民税10%として考えると、所得税・住民税合わせて年間2,400円の減税効果があるといえます。
金額としては小さいかもしれませんが、1円でも税金が安くなるのであれば制度を積極的に利用すべきでしょう。

ここで注意が必要なのは、セルフメディケーション税制はあくまで医療費控除の特例であり、従来の医療費控除との選択適用となるという点です。
つまり、いずれか一方を選択して適用を受けることになりますので、同時に2つの制度を適用することはできません。

例えば、セルフメディケーション税制の適用を受けることを前提に、確定申告書を提出した場合には、
その後において、やはり従来の医療費控除を適用しようとしても、それは認められません。
逆の場合も同様です。

このため、セルフメディケーション税制と従来の医療費控除のどちらを使った方が有利なのか慎重に判断していく必要があります。

具体的には、医療費が年間10万円超で、かつスイッチOTC医薬品購入費用が年間1万2千円超の方は
どちらの制度が有利となるのか判断が必要となります。

来年以降の申告から対象となる制度ですが、今の内から対象医薬品に関する領収書等を集めておく準備が必要です。
その他、何かご不明な点等ございましたら、福島会計事務所まで随時お問い合わせ下さい。

宮元 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
花粉症が辛い時期となってきました。
私はスギだけなのですが、喉はイガイガし、鼻声気味です。
薬を飲んで少し緩和されているのですが、辛いものです。

さて、スポーツはJリーグの開幕やプロ野球のキャンプインなど
楽しみな話題が増えてきました。
来月にはワールドベースボールクラシック(WBC)が開催されます。
前回、3連覇を逃した日本でしたが、今回はどうなるでしょうか。

野球少年だった私にとっては、とても楽しみです。

本橋

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2017-02-28 火 | Category : メールマガジン