Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.403

メールマガジン Top Eye Vol.403

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.403

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H29. 02. 06 ━━
◆ 今号の目次 ◆

【1】「最近読んだ書籍」 関 伸也

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「最近読んだ書籍」 関 伸也

暦では1月20日から大寒となり寒さが最も厳しくなる時期であり、
お風呂に入るまでの寒さが億劫で仕方ないこの頃です。

最近読んだ以下の書籍を紹介致します。

私自身この書籍を手に取るまでは「日本電産」という名前も知りませんでした。
調べてみるとモーター業界を牽引する世界企業であることがわかりました。
また、最近はCMを出しており、よく目に留まります。

あまり内容には触れず、著者の薦める言葉を何点か触れていきます。

「日本電産 永守重信 社長からのファックス42枚」著 川勝宣昭 出版 プレジデント社
2016年12月発行

概要としましては、永守重信社長の経営理念等を実際に社長の許で働いていた著者の体験を通して
分かりやすくまとめられており、組織の行き詰まりを打破するリーダーの方途を学べるものです。

冒頭はインパクトのある「一番以外は、皆ビリや」からはじまり、
何故そこまで一番にこだわるのかを読みすすめると、競争の厳しさを体験しているからこそ
一番であることの重要性が解かる言葉で納得できました。

とても厳しい示唆であり、最初から二番三番を狙っていたのでは、
そもそも二番三番にもなれないという勝負事の醍醐味なのかもしれません。

「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」との言葉はスピード勝負の競争社会でいかに、

徹底してこの言葉を実行できるかどうかが業界一番という栄冠を勝ち取る要であることを訴えられており、
日本電産の永守社長の魂がこの言葉に宿っていることが伺えます。

読了して思うのは書籍の内容もいいのですが、
個人的には永守社長のパワーの源泉が何処から湧いてきているのかが気になるところです。

私自身もしっかりと力をつけて福島会計事務所の利益のために勤めて参ります。


関 伸也


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インフルエンザが現在も流行っているようです。
所内でも年始に所員がインフルエンザにかかっており、
先日はパートさんもインフルエンザにかかってしまいました。

手洗い、うがいなど体調管理を入念に行いたいですね。

先日、メルマガでもご紹介させていただきました「タクシー初乗り410円」が
1月30日より開始になりました。

昨日たまたまタクシーに乗った際に気がつきましたが、
トータル料金は少し安く感じました。
今後、短距離移動には利用が見込まれそうです。

本橋

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2017-02-06 月 | Category : メールマガジン