Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.399

メールマガジン Top Eye Vol.399

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.399

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H28. 12. 26 ━━
◆ 今号の目次 ◆

【1】「年末のご挨拶」 所長税理士 福島 康晴

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「年末のご挨拶」 所長税理士 福島 康晴

今年は「リオデジャネイロオリンピック」の開催、イギリスのユーロ離脱、アメリカ大統領選挙など、
人によって印象のある出来事がそれぞれあったと思われます。

現代は世界中に情報の伝達手段がたくさんあり、情報があふれていますから、
その中から印象に残った出来事を思い出すことに苦労します。
私は仕事柄、経済に関係のある出来事に関心が行ってしまいます。
 
世界一の経済大国「アメリカ」の政策によっては、世界の実体経済に影響を及ぼします。

当初、大統領選有利と思われていたクリントン氏の政策を望む声が多かったのですが、

結果的にトランプ氏が当選すると、それ見たことかと円は急騰しました。
そのまま円高がしばらくは定着するのかと思っていたら、
翌日には直ぐ円安に戻り、今現在も円安傾向にあり、日経平均も上昇しています。

アメリカはもっと凄く、連日のように相場は史上最高値を更新しています。
トランプ氏はまだ政権を握っていませんが、安倍首相と会談をしたり、ツイッターを利用したり、
電話で各国首脳陣と会話したりしているようですが、
相場は実体経済の結果の値決めではなく、あくまでも期待値で動いているだけです。

日本は原油安のお陰で海外収支は20数か月連続プラス、GDPも年1.3%成長予想となっていますが、
皆さんの実感はいかがでしょうか?

東京都内を見ていると、いたるところでビルの建設現場があります。
新宿歌舞伎町はコマ劇場の後にホテルをメインにしたビルやアパホテルが新築され、その近くでも2棟が建設中です。
高田馬場でも規模は違いますが2棟が建設中です。
インバウンド効果によるホテル不足のせいでしょうか、首都圏は何だかんだオリンピックまでは景気も続くのではないかと言われています。

しかし、地方は首都圏と違って人口も減少し、仕事が無い。
建築現場で働く作業員は年寄りばかりで人手不足なのに、若い未就労者はたくさんいる。

日本の食料廃棄量1人あたりは世界一なのに、貧困家庭児童は6人に1人。
つい最近7人に1人で驚いていたのにもう6人に1人に増加です。
相続税の改正により金庫が飛ぶように売れた。

いろんなことでミスマッチや格差を感じます。
 
何はともあれ、今年も残りわずかとなりました。
今年一年、皆様には福島会計事務所をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

福島 康晴

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか。
お天気も良かったですね。

さて、今号で今年最後のメルマガとなりました。
1年間、福島会計事務所のメールマガジンをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
来年も皆様にとってお役に立てる情報をご提供させていただきます。

弊所の年末年始の営業日についてお知らせ致します。
仕事納め 12月28日(水) 16時
仕事始め 1月 5日(木) 10時

来年もより一層のご支援を賜りますよう、所員一同心よりお願い申し上げます。
来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

本橋

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2016-12-26 月 | Category : メールマガジン