Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.376

メールマガジン Top Eye Vol.376

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.376

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H28. 07. 11 ━━
◆ 今号の目次 ◆

【1】「花火大会」 黒岩 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【1】「花火大会」 黒岩 
6月も終わり、全国各地で多くの花火大会が開催される時期になりました。
私は花火が好きで毎年いくつか見に行っています。

花火大会の始まりは記録の残るものとしては両国の花火、今で言う「隅田川花火大会」だそうです。
これはテレビでも中継されているので見たことがある方も多いのではないでしょうか。

日本の花火は、上下左右どこから見ても円形に見えるようになっています。
独自の技術で玉を割る火薬が中央に仕込まれており、
中心から爆発したのちに星と呼ばれる火薬が四方八方に散ることでキレイな球状になるのだそうです。

また花火が筒から打ち上げられ、夜空で花開くまでに奏でる「ヒュ~」というお馴染みのあの音。
花火玉に付けられた笛の音で「ドンッ」という音の前にこちらの期待を高めてくれます。

そして色とりどりに夜空に咲く花火。
これは中学や高校で習った「炎色反応」を利用しています。
授業では全然興味が持てなかったものですが、花火に利用されているとなると興味がわいてきます。

化合物を燃やすと、その元素固有のさまざまな色の炎を出して燃えます。
赤色はストロンチウムやカルシウム、黄色ナトリウム、緑色はバリウム、青色は銅・・・などなど。
最近ではこれらに加え、マグネシウムを加えて使うことでより明るい光を出しているのだそうです。

また技術の進歩とともに、かつては難しかったピンクや紫、水色やレモン色といった微妙な中間色も次々に実現しており、
今後もさらに絶妙な色合いを出す花火の登場が期待されます。

今年はいくつの花火大会に行けるか分かりませんが、夏を楽しみたいと思います。


黒岩 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨日は参議院選挙でした。
今回18歳、19歳が参加した初めての選挙となりました。
その影響もあってか、投票率は前回の2013年より2.09%上回る
54.70%だったそうです。

改憲勢力が3分の2を超えたということで、いよいよ憲法改正かと言われています。

イギリスのEU離脱のように、日本でも国民投票が行われる日も遠くないかもしれません。
どのような議論がされるのか、またその時どのような判断をすべきなのか。
今から私も考えていきたいと思います。


本橋

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2016-07-11 月 | Category : メールマガジン