Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.360

メールマガジン Top Eye Vol.360

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.360

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H28. 03. 22 ━━
◆ 今号の目次 ◆
【1】 「首都高速道路の料金改定」武澤

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「首都高速道路の料金改定」武澤
今年の4月より首都高速道路(以後首都高)の料金が改定されることを皆様ご存知でしょうか。
最近、利用する機会が少なかったため、改定直前になって私は気づきました。

恥ずかしながら、私の頭の中は首都高(東京線)の料金は最近まで700円(普通車)だと思っていましたが、
実は700円(普通車)だったのは2011年12月末まででした。
(※神奈川線、埼玉線及び大型車両は料金が異なりますが、今回は割愛します)

2012年1月より均一料金制から対距離料金制(走行距離に応じて料金が決まる)に改正されていました。

これにより料金(普通車)は、6kmまで500円、12kmまで600円、18kmまで700円、24kmまで800円、
24km以上900円となり、更に2014年4月以降は消費税増税に伴う値上げとなっていました。

そして、更に2016年4月より改定されることになるのです。

今回の料金改定は、10kmまで320円、24kmまで480円、36kmまで930円、36km以上1300円となり、
距離が短いほど安く、距離が長いほど高くなる仕組みです。
ただし、上記料金(普通車)はETC搭載車のみ対象で、ETC未搭載車は一律1300円!!
(大幅値上げですよね・・・・・!)

事実上たった4年で約2倍近い料金設定になるのは、正直納得が出来ないのは私だけでしょうか。

毎回のことですが、消費者に分かりづらい料金設定、情報の未開示、こまめな改定により値上げの意識を
薄めるやり方は常に同じで、政府のズルいやり方だと思ってしまいます。

首都高地下構想なども浮上しているようですが、更なる料金値上げが想定されるのがとても残念でなりません。
(一昔前の低料金時代の首都高ドライブが懐かしく感じます)

高速料金が無料になる時代は、今後訪れないのでしょうね・・・・。

武澤


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月15日に弊所でも確定申告業務が終わりました。

振り返ってみると、今年もあっという間だったように思います。

確定申告業務で気づいた点や改善すべき点を所員で共有し、

来年の確定申告業務に活かしていきたいです。

また、昨日まで3連休でしたが、皆様はどのようにすごされましたでしょうか。

東京でも桜の開花がニュースになっていました。春の訪れを感じさせますね。

花粉症の私にとっては、花粉症から早く解放されたいです。


本橋
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2016-03-22 火 | Category : メールマガジン