Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.336

メールマガジン Top Eye Vol.336

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.336

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H27. 06. 29 ━━
◆ 今号の目次 ◆
【1】 「夜空」 黒岩

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 「夜空」 黒岩

早いもので気づけば今年も既に半年が過ぎようとしています。
最近は雨が降っていなくても湿度が高く、じめじめとした日が多いです。
平年通りであれば梅雨も後一ヶ月は続くと思うと少し気が滅入ってしまいます。

突然ですが皆様は最近、夜空を見上げる機会はありましたか?

雨が降っていては星を見ることはできません。
しかし雨が降った後は雨が空中のホコリを洗い流してくれる為、とても澄んだ綺麗な空になります。
なので梅雨の合間の晴れの日は星空を見るには最適です。

なぜこの話をしたかというと、もうすぐ七夕だからです。
七夕と言えば天の川。

天の川とは無数の星で出来た雲のように流れる光の帯の事を言います。
この時期は一年間の中でも天の川が綺麗に見えると言われています。

太陽が沈み、一時間半程経つと空が真っ暗になります。
その頃、南の空を見上げてみてください。
そうすると低いところから北東の地平線まで延びていく、光の帯が見えると思います。

それが天の川になります。
そしてその両側に明るく綺麗に光る星が、彦星と織姫星です。

天の川は他の星よりも暗い星が集まってできています。

なので楽しむ条件として1番に上げられるのは、街明かりの影響が少ないということです。
そして空気が澄んでいるということ。

この2つの条件が満たされる場所としては、やはり高原や山の上など都会から少し離れた場所があげられます。
しかし、仕事等いろいろな都合を考えると、なかなかこの様な場所に出掛けるのは難しいと思います。

そこで是非、お住まいの近くで星が見える場所を探してみてください。

探す時の条件は2つ。
・なるべく街灯りが少ない所
・空(視界)の開けた所
都内では河川敷などがこの条件に当てはまるかと思います。

また星空を見上げることは体にも良い効果があると言われています。
目が疲れたら、遠くを見ると良い。と、聞いたことはありませんか?

最近はパソコンやスマホの画面など、近くを見ることが多くなりがちです。
近くの物ばかりを見ていると気づかないうちに目の筋肉が疲れてしまうそうです。
なので星空を眺める事はオフィスワークなどで酷使した目を癒すことにもつながります。

仕事からの帰り道、今日も一日疲れたなぁと感じたときは
少しだけ足をとめて、夜空を見上げてみるのもいいかもしれません。

黒岩
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 福島ブログ更新中!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週月曜日、福島がブログを更新しております。
こちらも是非ご覧下さい!
http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよいよ6月も終わろうとしております。

私はこの時期になると、梅雨明けのことばかり考えてしまいます。
ここ最近、暑い日が続いていますが、まだまだ湿気が多く、ジメジメした暑さです。

梅雨明けと同時に、セミが全力で鳴いて、カラッからの焼けるような日差しの夏到来といったところでしょうか。

さて、来月10日は半年に一度の源泉所得税の納付期限及び労働保険料申告書の申告納付期限となっております。

お客様には我々からも事前に金額等をお伝えしておりますが、資金繰りが厳しくなる時期ではあります。

会社で働く従業員にとっては賞与等がある会社もあるため、嬉しい時期かもしれません。

経営者の方にとっては頭が痛くなる時期ですよね・・・・。

宮元 健志
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。
トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の
架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

●配信停止
本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが
teishi@fukushimakaikei.com宛に、
題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。
次号より配信を停止させて頂きます。
―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――
support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)
――――――――――――――――――――――――――――――――
編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)
〒169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2階
http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye
━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2015-06-29 月 | Category : メールマガジン