Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.318

メールマガジン Top Eye Vol.318

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.318

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H27. 02. 09 ━━

今号の目次

1】「税理士事務所は知っている。~医療費控除の裏ワザ~」高橋

2】「新入所員自己紹介」黒岩

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1】「税理士事務所は知っている。医療費控除の裏ワザ」高橋

2月になりました。

弊社では確定申告業務がスタートしています。

お客様にも資料のご準備等をお願いしているところです。

お手数をおかけしますが、資料が不足しますと適切な控除が受けられなくなり、結果として税金を納めすぎてしまうことがありますのでご協力を宜しくお願い致します。

さて、所得税の確定申告では、医療費控除により税金の還付を受けることができますが、その医療費に何が含まれるのか、ご存知の方は少ないのではないでしょうか?

今回は私が税理士事務所で働いてみて、こんなものまで医療費控除できるの!?

と驚いたものをひとつご紹介します。

それは『温泉旅行』です。

もちろん普通の温泉では対象外。

厚生労働大臣の認定を受けた施設において医師の指示のもとで治療するという条件があります。

条件を満たしますと温泉療養証明書が発行されますのでお忘れなく。

温泉旅行なのに医療費控除できると聞くと不思議な感じがしますが、古くから日本には湯治という治療法があり、その伝統を税法でも認めてくれているのかもしれません。

他にもドラッグストアで購入した風邪薬や通院する際の交通費など、医療費控除の適用範囲には意外なものがあります。

税務署に申告してしまう前に、福島会計事務所までお気軽にお問い合わせください。

高橋

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2】「新入所員自己紹介」黒岩

皆様、はじめまして。

昨年11月末に総務担当として入所しました黒岩沙岐と申します。

あっという間に2ヶ月が過ぎてしまいました。

この場をお借りしまして少し自己紹介をさせていただきます。

私は全く違う業界で営業事務をしておりました。

そこを退職後、この業界へ右も左も分からぬまま飛び込んで参りました。

また総務としてのお仕事も初めてとなります。

全ての事が新鮮で、日々周りの所員の方々に助けていただきながら業務にあたっております。

現在、マイペースに勉強中ですので温かく見守っていただければと思います。

また休みの日は自分で車を運転し、ドライブへ出掛けたりもしています。

これから春に向け、色々なところに行きたいと思っております。

春に向けてと申しましたが、まだまだ寒い日が続くと思います。

私も見事に風邪を引いてしまいました。

皆様、体調にはくれぐれもお気をつけください。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

黒岩

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆☆☆ 福島ブログ更新中!!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週月曜日、福島がブログを更新しております。

こちらも是非ご覧下さい!

http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 編集後記

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経新聞でソニーが好調だという記事がありました。

20153月期の営業損益見通しを従来の400億円の赤字予想から200億円の黒字に上方修正したという内容でした。

テレビ、ゲーム事業が好調のようです。

テレビ事業では高精細な「4Kテレビ」など高付加価値製品の販売が好調で、

ゲーム事業では「プレーステーション4」の売れ行きが好調だったことがそれぞれ増収となった要因です。

その一方でスマホ事業では大幅なリストラが行われ、ソニー経営のシビアな一面も垣間見れます。

大手企業は業績も上がっている会社もあるようですが、日本の9割近くを占める中小企業の多くは全くです。

今後の大手企業向けの税制改正がどう影響してくるのか気になるところです。

宮元 健志

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。

トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の

架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

配信停止

本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが

teishi@fukushimakaikei.com宛に、

題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。

次号より配信を停止させて頂きます。

―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――

support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)

――――――――――――――――――――――――――――――――

編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)

169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2

http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye

━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2015-02-09 月 | Category : メールマガジン