Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.310

メールマガジン Top Eye Vol.310

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.310

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H26. 11. 25 ━━

今号の目次

1】「美女と野獣」宮元

2】「個人住民税の特別徴収制度」佐藤

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1】「美女と野獣」宮元

ディズニーアニメには数多くの名作がありますが、その中でも「美女と野獣」はご存知の方も多いと思います。

そんな不朽の名作がついに映画実写化されたと知り、さっそく映画館へ行ってきました。

元々、「美女と野獣」という作品は、1740年にフランスのビルヌーヴ夫人によって作られた物語です。

その影響もあってか、今回の映画はフランス映画として実写化されました。

監督はフランス人のクリストフ・ガンズ。

「サイレントヒル」などの映画を作ったことで知られる監督です。

映画の中で誰もが気になる野獣役には「クリムゾンリバー」、「ジャンヌダルク」、「ブラック・スワン」などで知られるフランス人俳優のヴァンサン・カッセル。

ヒロインのベル役には「ミッドナイト・イン・パリ」、「ミッション・インポッシブル」などで知られるフランス人のレア・セドゥー。

この女優さんのなんとも言えない雰囲気には本当に魅了されました。

これから観るという方もいらっしゃると思いますので、詳細な解説省略させていただきますが、原作に忠実な内容でとても面白かったです。

実写化されるとあまり評判は良くない作品が多い中で、この映画に関しては十分に楽しめると思います。

ご興味がある方は是非一度、映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

個人的にはとてもオススメです。

宮元

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2】「個人住民税の特別徴収制度」佐藤

市区町村で違いはありますが、東京都近隣地域で言えば、埼玉県と神奈川県(一部)及び茨城県の市町村で平成27年度から個人住民税の特別徴収が徹底されることになりました。

個人住民税の徴収方法には、普通徴収と特別徴収があります。

前者は、給与所得者本人が年4回に分けて6月、8月、10月、翌1月に納める方法です。

後者は、給与支払者(法人、個人事業主)が毎月の給与から住民税を一ケ月分ずつ事業所が天引きし翌月10日までに納税する方法です。

給与支払者の立場で言えば特別徴収になることにより給与計算の手間が増えます。

給与所得者の方は、給料から住民税が天引きされるようになり手取り額が減ったと感じることがあるかと思いますので、事前の周知が必要になります。

市区町村により特別徴収制度の内容に違いがありますので、詳細については各担当にご相談ください。

***********個人住民税の特別徴収についてのポイント**********

(1) 常時2人以下の家事使用人のみに対して給与等の支払いをする方は、普通徴収を選択できます。

(2) 従業員の方の個人的な希望により、特別徴収を行う・行わないを選択することはできません。

(3) 従業員が常時10人未満である事業者は、申請により市町村の承認を受けて、年12回の特別徴収税額の納期を年2回とする「納期の特例」を受けることができます。

****************************************

佐藤

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆☆☆ 福島ブログ更新中!!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週月曜日、福島がブログを更新しております。

こちらも是非ご覧下さい!

http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 編集後記

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついに衆院が21日、解散されました。

今後は、衆院選を12月2日公示、14日投開票となる予定です。

安倍首相は記者会見で、自らの経済政策(アベノミクス)への評価と消費増税を1年半先送りしたことが争点だと強調しました。

首相自身が、今回の選挙を「アベノミクス解散」と名付けて、国民にアベノミクスを止めていいのか問う形になります。

金融緩和によって株価が上昇した実績等があるにしろ、多くの国民は経済回復を実感していないのが実情です。

野党の言うことが全て正しいとは思いませんが、安倍政権にこのまま任せていいものか疑問です。

この先、どうなってしまうのでしょうか。選挙の行方をじっくり見極めたいと思います。

宮元

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。

トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の

架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

配信停止

本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが

teishi@fukushimakaikei.com宛に、

題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。

次号より配信を停止させて頂きます。

―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――

support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)

――――――――――――――――――――――――――――――――

編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)

169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2

http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye

━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima

2014-11-25 火 | Category : メールマガジン