Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.299

メールマガジン Top Eye Vol.299

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.299

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H26. 09. 08 ━━

今号の目次

1】「簿記3級の勧め」畠中

2】「◯◯の秋」竹内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1】「簿記3級の勧め」畠中

経営者の皆様は、経営を行う上で様々な知識を身につけ、そして様々な経験をされています。

それでは、財務・会計に関する知識はいかがでしょうか?

もし、「財務・会計はちょっと。。。」という方は、簿記3級レベルの知識を身につけることをお勧めします。

3ヶ月くらい勉強すれば合格できる試験です。試験合格を目指すことで知識も身につきやすくなると思います。

なぜ、こんなお話をするかというと、財務・会計に関する基本的な知識をお持ちでない経営者の方がが少なからずいらっしゃると感じているからです。

簿記により作成される月次試算表や決算書は会社の現状を表すものであり、現状把握なくして事業の発展はありません。

財務・会計の知識があれば、資金繰りが悪化した場合でもその原因を把握することが可能であり、改善策を明確にした上で融資を申し込めば、融資が受けられる可能性も高まります。

わかりやすく月次試算表や決算書を説明するのが会計事務所職員の仕事でもありますが、経営者自らが基本的な知識をお持ちかどうかで、理解度はまったく異なります。

財務・会計に関する知識は、経営の共通言語といっても過言ではないと思っています。

簿記3級を受けるお時間がない方は、財務・会計に関する本を1冊読んでみるだけでも良いと思います。2、3日あれば読むことが可能です。

私がこれまで読んだ本の中でお勧めの3冊をご紹介します。

「決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法」

國貞 克則

「人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦略会計マニュアル」

協和醗酵工業

「「1!」で財務諸表を読む方法仕事に使える会計知識が身につく本」

小宮一慶

かけた時間以上のリターンがありますので、ぜひチャレンジしてください。

一緒に事業の発展を目指しましょう。

畠中

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2】「◯◯の秋」竹内

あっという間に9月を迎え、涼しく感じる日も増えてきました。

今年の立秋は87日だったので、暦では秋になって1ヶ月が経つんですそんなバカな!?

実は旧暦から現在の歴に移行する際、旧暦の日付をそのまま現在の暦に移してしまったため、約1ヶ月のズレが生じてしまったそうです。

なので暦と季節感が1ヶ月ズレているように感じるんですね

いつから秋なんだろう?

そんな疑問から調べた秋の期間の事を、簡単に記します。

・気象学 911

・天文学 秋分~冬至の前日

・暦   立秋~立冬の前日

私は[秋分=立秋]と思い込んでいました。

そして、私達の思う秋の期間は気象学が近いように思います。

そんな秋と言えばよく「◯◯の秋」って言われますよね。

読書、スポーツ、食欲

涼しくなり、夏バテが回復するからでしょうか?

自然と気持ちも前向きになります。

最近、私は運動不足でソワソワしています。

1年前に毎日のようにラグビーをしていた頃が懐かしいです。

夜がとても涼しくなってきたので、とりあえずジョギングから再開してみます!

スポーツの秋ってやつですね!

皆様はどんな秋を過ごす予定でしょうか。

1日の気温差が激しくなる季節でもありますので、ご自愛ください。

竹内

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆☆☆ 福島ブログ更新中!!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週月曜日、福島がブログを更新しております。

こちらも是非ご覧下さい!

http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 編集後記

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テニス4大大会の全米オープン最終戦で、錦織圭が快挙を成し遂げました。

世界ランク11位の錦織は、強烈なストロークで世界1位のジョコビッチを圧倒しました。

感動しました。凄過ぎます!!

このままの勢いで優勝目指して躍進してもらいたいです。

日本国民全員が注目しています。

暗い話題が多い中で、明るいニュースを期待しましょう。

宮元 健志

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。

トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の

架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

配信停止

本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが

teishi@fukushimakaikei.com宛に、

題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。

次号より配信を停止させて頂きます。

―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――

support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)

――――――――――――――――――――――――――――――――

編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)

169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2

http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye

━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2014-09-08 月 | Category : メールマガジン