Home > メールマガジン > メールマガジン Top Eye Vol.273

メールマガジン Top Eye Vol.273

━ Top Eye ━━━━━━━━━━━ http://fukushimakaikei.com/ ━━

福島会計事務所 メールマガジン Top Eye Vol.273

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ H26. 2. 17 ━━

 今号の目次 ◆

1】 「ギックリ腰やっちゃいました」 所長代理 甲斐 昭彦

2】 「所得拡大促進税制と雇用促進税制」 宮元

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1】 「ギックリ腰やっちゃいました」 所長代理 甲斐 昭彦

ギックリ腰!!

やっちゃいました!!

お客様方には本当にご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

正月より違和感を感じていたのですが、その日は突然やってきました。

朝、出勤しようとして鞄を持った瞬間、上半身を支えていた何かがふっと無くなって激痛が走ったのです。

コ-トも脱げないですし、ともかく何も出来ないのです。

やった人にしか分からない世界です。

腰を引っ張れば、暖めればなどと、姑息な手段を試みたのですが無理。

結局、タクシ-を呼んで病院に直行!

痛みの箇所に直接注射していただき、コルセットで固めてほんの少しですが動けるようになりました。

お医者さん曰く、今年は寒暖の差が激しいので患者さんが増えているそうです。

さらに、注射の名前が「トリガ-」。

物騒な名前ですが、痛みが和らぐなら何でも有り難い今日この頃です。

ともかく、身体を冷やさない、寝るときは足を立てて寝る、横になるときは足に座布団などを挟んで楽にする等が良いそうです。

しかし、安静に過ごすのが一番。

けど、この時期は無理だな・・・。

なんとか、社会復帰して頑張ります。

本当にご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

所長代理 甲斐 昭彦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2】「所得拡大促進税制と雇用促進税制」 宮元

平成25年度の税制改正により、所得拡大促進税制が導入されました。

同時に、平成23年度に導入された雇用促進税制についても、制度内容の一部が拡充されました。

今回ご紹介する内容は、黒字の会社を前提とした税額控除制度ですが、

今後の業績拡大に伴う従業員の増員若しくは給与支払い額の増加を検討されている会社にとっては、

注目すべき税制改正です。

ちなみに、税額控除とは確定申告の際に、納付すべき税額から一定金額を差し引くことを意味するため、

納税額がその分安くなります。そのため、黒字申告をしていることを前提としています。

会社にとって、新規雇用をするということは、人件費の増加につながり、利益を圧迫するものと考えられます。

しかし、今回の税制改正によって、会社が雇用の創出を積極的に行ない、

従業員への給与支払い額を増加させることで、会社は税金面での優遇措置が受けられ、

同時に従業員の所得水準も上がるため、双方にメリットがあるという見方があります。

実際にどれだけの経済効果があるかは、今後の動向次第ですが、

導入の背景として、経済の活性化を狙った税制改正であることは間違いありません。

以下、簡単ではありますが、制度内容をご紹介します。

(1)所得拡大促進税制とは・・・

会社が従業員へ支払う給与支給額を増加させた場合、

その支給増加額について10%の税額控除を認める制度です。

ただし法人税額の10%(中小企業者については20%)を限度とします。

ここでいう給与等支給額とは、会社の従業員のうち、

国内の事業所に勤務する雇用者に対して支給する給与等をいいます。

会社役員やその役員の親族等に支給するものは含まれません。

(2)雇用促進税制とは・・・

前年より従業員を5人以上(中小企業者等は2人以上)かつ、

雇用者割合を10%以上増加させる等の一定要件を満たせば、

従業員一人あたり40万円の税額控除が受けられるというものです。

拡充前は一人あたり20万円の税額控除でした。

こちらも法人税額の10%(中小企業者については20%)を限度とします。

上記2つの制度は、いずれかの選択適用となっていますので、二つの制度を同時に適用することはできません。

ただし、会社にとって有利な方を選択することができます。

いずれかの制度の適用を検討されている経営者の方は、まずは「雇用促進計画」という書類をハローワークに提出して下さい。

その後、提出した雇用促進計画の達成状況について、各都道府県労働局(又はハローワーク)の確認を受けることが必要になります。

これにより、雇用促進税制の適用を受けることができます。

その上で、申告の際、所得拡大促進税制と比べてどちらの制度を適用するか判断することになります。

雇用促進計画の提出を行った場合でも、申告の際に所得拡大促進税制を選択することは可能です。

これから従業員の増員若しくは、給与支払額の増加を検討されている経営者の方がいらっしゃいましたら、

是非、一度我々にご相談下さい。

詳しい要件等については下記HPをご参照下さい。

【厚生労働省】http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/roudouseisaku/koyousokushinzei.html

【経済産業省】http://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/syotokukakudaisokushin/syotokukakudai.htm

【国 税 庁】https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hojin/kaisei_gaiyo2013_5/pdf/04.pdf

宮元

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆☆☆  福島ブログ更新中!!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週月曜日、福島がブログを更新しております。

こちらも是非ご覧下さい!

http://www.fukushimakaikei.com/blog/index.php?c=6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■  編集後記

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

葛西紀明選手が快挙です。

ノルディックスキージャンプ男子ラージヒルで7大会連続出場の葛西紀明選手(41歳)が

見事銀メダルを獲得しました。

41歳でのメダル獲得は冬期オリンピックとしては日本選手最年長です。

日本勢のジャンプ競技でのメダル獲得は長野五輪以来、16年ぶりとのこと。

本人曰く、長野での屈辱が今回のメダル獲得の原動力となったそうです。

その言葉を聞いて、とても感慨深いと感じました。

レジェント葛西と呼ばれることにも納得です。

本当におめでとうございます。

宮元 健志

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

最後までお読み頂きありがとうございました。

トップアイは福島会計事務所の現在、将来のお客様と福島会計事務所の

架け橋となれる話題、情報を提供して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

配信停止

本メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが

teishi@fukushimakaikei.com宛に、

題名に「配信停止希望」と記入してメールを送付下さい。

次号より配信を停止させて頂きます。

―――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――

support@fukushimakaikei.com 福島会計事務所 代表 (Tel:03-3200-2595)

――――――――――――――――――――――――――――――――

編集・発行元 福島会計事務所(Top Eye 編集部)

169-0075新宿区高田馬場2-8-12 今井ビル西館2

http://www.fukushimakaikei.com/index.php?topeye

━━━━━━━━━━━━ Top Eye Fukushima Accounting Office

2014-02-17 月 | Category : メールマガジン